トピックス&ニュース

TOPICS & NEWS
ブログ

まつ毛エクステンション

アイリスト 、 アイデザイナー 、 海外ではラッシュアーティスト(というらしい)

呼び方だけでもいろいろな名がありますね。

サロンもどんどん増えていき、それに比例し人材の確保が必要で

まつ毛エクステができる技術者の育成が必要となっています。

<まつ毛エクステって?>

メイクの一環で、

まつ毛の根元1~2ミリ部分に専用のグルーで人工毛を1本1本着けていく。

<資格は?>

美容師国家資格(美容師免許)必須です。

<仕事にする為には?>

養成施設を卒業し美容師免許を取得する。

まつ毛に関することが学べる養成施設が望ましい。

<お給料は?>

美容師よりも2~3万円高いのが一般的。

だがしかし!それは 初任給、2~3年目までの話しがほとんどです。

その後は・・・・・・自分次第

 

 

美容師法(まつ毛エクステをお仕事にするには美容師免許が必須)になって早数年

ニーズはまだまだ伸びるでしょう。

お客様を素敵にする、素晴らしい職業です!

でも何故、美容師法になったのか?

事故が多発し、消費者センターにクレームがあふれたからです。

無知、技術力不足、経験不足

知識が無いが故の責任感の欠如。

 

では美容師法になって解消されたのでしょうか?

聞いてみましたところ、残念ながら期待を大きく下回っているのが

現状みたいですね。

お客様は、早くつけてほしい・たくさんつけてほしい・上手につけてほしい

でも、ちょっと待って!

お客様の自まつ毛はたくさんエクステをつけれる状態ですか?

 

きちんと見て聞いて判断して、説明をし施術に入ってますか?

 

いかに

安全 で 衛生的 につけれるか。 これにつきるんですよね。

その上でお客様の要望にどのくらい応えれるか・・ですね。

 

美容師法になったからには、わたしたち養成施設はまつ毛エクステに

関する事故を減らす為にも、きちんとした知識、技術を学んでもらわねばなりません。

そのためには、自ら情報を仕入れ、共有し、知識技術の伝達を確実に行っていかなくては

なりません。  美容師法になって、まつ毛エクステの安全、安心が徹底しつつある、

というところまでは早急にいかないと・・・

養成施設とサロンの相互の理解と協力が必須です。

 

事故を減らすのは、お客様のためだけでは無いのです。

まつエク技術者も守るためでもあります。 サロンを守るためにも。

 

美容学校として、まつ毛エクステについての本当の即戦力の育成とは何か?

講師や技術者、メーカーさんたちと情報交換しながら最新のプログラムを

用意し、生徒に習得してもらうことを使命とします。